フリーローンとは?

フリーローンとは金銭の使い道、つまり用途を問わないローンのことです。

 

フリーローンの「フリー」とは、使用用途に束縛や制約が付かないものという意味である。教育ローンや住宅ローンといった比較対象を見れば理解しやすいと思います。同じような返済計画で利息とともに返済となりますが、使用用途はその対象自体に限られる。住宅費や教育費といったふうに。貸し出しの際には本人ではなく、直接不動産屋教育機関へと支払われます。

 

 

こういった点においてフリーローンは全く異なるのです。借入相手は借入者当人であり、借りた本人が現金を手にすることができます。この「借入者自身が現金を受け取ることができる」というこのことこそがフリーローン最大の特徴で、現金自体をどう使ってもよいのです。しかし借り入れをすれば利子はつき、もちろん返済しなければなりません。

フリーローンの利息

 

フリーローンは便利な分だけ、利息が高額となっています。通常のフリーローンの場合、最高年利は15〜18パーセントで、これは住宅などの貸付金と比べてほぼ二倍以上に当たります。ですが、思わぬ出費や急を要する現金の入用がある場合、とても有用な制度です。

 

そしてまた、フリーローンには問題点も実存します。人は借りた現金を手にすることで、あたかもそれが自信のお金であるかのような錯覚を起こしてしまい、借入しているという実感が薄れてしまいます。気が付けば返済時に現金はなく、返済するために他の金融機関へと足を運ぶといった状況に陥ってしまったりします。

 

一度多重債務者となれば、悪循環の状態から抜け出すことはできなくなります。これまで以上に自身の体を酷使した労働を課さねばならず、経済面だけでなく健康面でも体調を崩す人は少なくありません。

 

よって非常に調法フリーローンではありますが、借入時には充分な返済計画を立ててのご利用が望ましいといったところでしょう。